雇用形態の推移


100年後の雇用形態

近年、「不況からの脱出か」とか言われながら、就業者比率がずいぶんよくなってきたという話を耳にします。
確かに、就職難と言われ続けた2〜3年前と比べると、ずいぶん安定したようにも思えますね。
ですが、数十年から100年以内くらいの間にその上京は再度崩れるのではないかとも言われています。
その状況の変化というのは失業者そのものが増えるという話ではなく、雇用形態の推移があるという説が唱えられているようです。
今現在ではやはり正社員として安定した生活を求めるのが社会の常識のような意識がありますが、それが数十年の間に自由雇用形態(フリーター)中心の雇用形態に代わるのではないかといわれています。
規則に縛られた会社の奴隷である『社員』より、哲学者たちの言う、魂の王である『自由人』になる人が増えてくるのではないかと言う見解があるそうですが、言われてみれば今の若い人には窮屈な社員よりもフリーターの方が性に合うのかもしれませんね。





未来の世界はどうなる?
(未来を予測)

 

未来プロスペクト